遺産相続でトラブル回避のために

法律相談の前に知っておきたいこと

遺産相続とは

Posted on | 6月 23, 2011 | No Comments

遺産とは、亡くなった方が生存中に所有をしていた財産のことです。
亡くなった方の財産は、その方と一定の関係にある人に対して、相続されます。
遺産相続は、遺産が一定範囲の人に対して一般的に承継されることなのです。

たとえば、家と土地、5000万円の貯金を持っている人がいたとしましょう。
その人に妻がおり、子供・親・兄弟はいなかったという場合を想定してください。
この人が亡くなった場合には、この人の財産は全て妻のものとなるのです。
これが遺産相続です。

遺産のもともとの持ち主である亡くなった方は、遺産相続により「相続される」ので、
被相続人と呼ばれます。
これに対して、遺産を「相続する」方は、相続人と呼ばれます。

遺産相続については、一般市民の間の法律関係を広く規定している
民法が詳細なルールを規定しています。
民法は1000条以上にわたる巨大な法典で、すべてを理解しようとすると
非常に難しい法律です。
しかし相続については、882条から1044条までの規定を読めば
ある程度は理解できるようになっています。

もっとも、これだけの範囲でも法律を読んだことがない人が
自分で読んで理解しようとすると非常に困難ですよね。
しかし被相続人の生存中の全財産を対象とする遺産相続については、
知識・対策がおろそかなままだと大きな損をしてしまいかねません。

遺産相続で損をする?と疑問に思う方もいるかもしれませんね。
「遺産相続では借金まで相続される!?」のページで詳しく説明しますが、
相続では被相続人の負の財産も含めて承継されるのです。
この際に、相続放棄という手続を踏まなければ借金を背負ってしまうのです。

このように、遺産相続については注意しなければならない点、
知っておかなければならない点が何点かあります。
このサイトでは、法律相談の前提としての様々な知識を提供していきます。

もちろん、各家庭の事情などによって採らなければならない方策などは、変わってきます。
事情に応じた正しい対応をするためには、法律の専門家への相談が
必須だと言えるでしょう。

具体的には、たとえば司法書士や弁護士などに相談してみるといいですね。

About

This is an area on your website where you can add text. This will serve as an informative location on your website, where you can talk about your site.

Subscribe to our feed

Search

Admin